2020年12月… はやくも今年もあと2週間で終わりです。
めちゃめちゃはえーっす…

今年は見事に新型コロナウイルス感染症にやられた一年になったわけですが、
アメリカやイギリスなどで早くもワクチン接種の報もあるものの、
世界中まだまだ感染者増が止まらない状況が継続中の厳しい状況。

日本でも1日の感染者数が、3000人を突破!!

そんなこともあり、
ここにきて「GO TO トラベルキャンペーンの一時停止」が発表になりました!!

gototravel
12月14日の午後に急転直下年末年始(12月28日から2021年1月11日まで)のGO TO トラベルが停止となりました。
感染者数の状況によっては延長も当然あると思いますが。

参照:【更新】Go To トラベル事業の取扱いについて(2020年12月15日更新)

【無料公開】コウスケの「トレード情報をそっくりそのままマネをする』方法

今すぐこちらをクリックして確認を!


プレゼント動画あり!期間限定こちらから!

いやいや、
この日々増えていく日本全国の新型コロナ感染者増の中、
GO TOキャンペーンを中止するのは至極真っ当な判断と個人的には思います。

ただ、ここまでの前後の流れや時期がなぁ…

つい先日まで首相はじめ政府の方々は
「GO TO キャンペーンの見直しは考えていない」
みたいな感じの発言に終始していたので、
そこにきて、12月半ばの今のタイミングで年末年始のキャンペーン中止するのは、
あまりに事業者にとって酷ではなかろうか、と個人的には思うわけです。

せめて、発言で匂わせておくことで事業者も少しは準備をできたと思うわけですが…
(まぁ、そう中途半端な発言できないのもわからんでもないですが)

もちろん早めに対策できればそれに越したこともないですし。

gotohosyo
GO TO トラベルの一時中止でキャンセル対応になった事業者には、50%の補償があるとのこと。
事業者に支援するのは当然だと思いますが、それも全部莫大な税金が使われるわけで。

少しでも無駄なく進めてほしいもんですね。

予約済みの旅行はどうなる?

実は我が家もこの年末に家族でGO TO トラベルしようと思っていました。
更には1月もすでに予約を入れ済で…
(遠くへの旅行とか帰省でなく、関東圏での温泉宿宿泊です。)

というわけで、すでにGO TO キャンペーンを予約済み。

このGO TO キャンペーンで予約済みの旅行も、
12月28日から2021年1月11日の間はキャンペーン適用無効になるとのことです。

※年末の我が家の温泉宿旅行は、結局キャンセルしました。

gototravelyoyakuzumi
既にGO TOキャンペーン適用で予約済みの旅行も、割引は無効になるみたいです。

現時点で見た情報によると…

  • GO TO トラベルキャンペーン適用で申し込んだ予約は取り消しになるらしい
  • ネット媒体か旅行代理店店頭で申し込んだか等で変わってくると思いますが、GO TO適用予約は一旦キャンセルになるようです。
    何らかの形で連絡入るとは思いますが… 
    (すでに支払い済みの金額は、返金対応になると予想します)
    → ただ、自分でキャンセル操作をしたほうが無難だと思います。(キャンセルされてないトラベル防止の為にも)

  • 同じ日程内容で旅行を決行する場合には、再度の申し込み必要らしい
  • GO TO適用の予約は自動キャンセルになるので、
    同じ内容日程の旅行を行く場合には、再度の予約が必要になる可能性が高いようです。
    (こちらもおそらく事業者から何らかの連絡、対応があると思いますが…)

  • GO TOトラベル適用外になった差額分は追加支払いが必要の可能性高し
  • 再度申し込みする際に、通常の料金で再申し込みになる可能性が高いようです。

  • キャンセル料も無料期間を延長して国が補填
  • 12月24日までキャンセル無料期間が延びているようです。
    (それぞれの予約状況を要確認)

なんにせよ、予約していると事業者から連絡入るとは思いますが…
(楽天トラベルでは、「お客様ご自身でキャンセルしてください」とどこかで表示されていました。)

事前予約でカード決済の場合は、カード会社の規定によって返金されるようです。
以下、楽天トラベルの場合の説明箇所です。(画像クリックで拡大)
gototravelchancel GO TOトラベルキャンセル規約
最大で3か月程度の返金期間がかかるのは、まぁ緊急事態ですし…
現地払いの場合は、キャンセル対応してそのままでいいようですね。

事業者は莫大なキャンセル対応で本当に大変ですね… 悲哀

年末年始の需要に向けて人員や食材、顧客受け入れの準備も莫大にしていたでしょうに…

まぁ、旅行業界だけでなく飲食業界も営業時間自粛要請で大変なわけですが…

国が補填するといっても、税金。
今後のしわ寄せも恐ろしいですし、なんとかブレない対応をしてほしいもんです。

今後のGO TO キャンペーンはどうなるんだろう?

今後は新型コロナウイルスの感染者数次第とは思いますが、
これまで「経済との両立(ウィズコロナ)」という方針を打ち出していたにも関わらず、
一時とはいえ、いきなりの方向転換は事業者も国民も面喰いますね。

無理ない感じでブレずに国全体の意思統一を図ってほしいと切に願います。

GO TOキャンペーンも、実施するタイミングと支援方法が他にもあると思いますし。

イギリスでは再び実質的なロックダウンがされるくらいの状況ですし。
gbprockdown イギリスロックダウン コロナ禍
日本も油断すると恐ろしいことになるリスクもあるわけで。
もちろん、経済を捨てるわけにもいかないのも重々承知しているわけですが…

個人的には春先にガックリしたので…

2020年の3月末から4月初めのタイミングでも、ガックリしたんです。

新型コロナウイルスが海外でめちゃくちゃな状況になりつつあり、
日本にもついに入ってきてしまった・・・

未知のウイルスでどんなやばいことになるかわからない不安…
しかも世界的に…

そんな状況下での緊迫した時期だったと思いますが
「ロックダウンはありません。」といった発言が官房長官から。
(緊急事態宣言的なのも含んだように伝わりました。)

「ああ、そうなんだ。日本はまだまだ緩く対応か」とけっこう気分が白けたんですね。その時。

で、その後に緊急事態宣言。

ズッコケました。

思うに、本当に人間は気持ちが大事なんだなぁ、と。

気持ちで動いているものなので、
国民全体ができるだけ一致団結した方向性を持てるように舵を取ってほしいもんですね。

実はGO TO トラベル結構つかってました。

新型コロナウイルス感染症が拡大した当初は、本当に世界が終わるくらいの悲壮感を感じていました。

でも現在は、ワクチン接種がはじまったりと希望的なニュースもちらほら。

で、僕はけっこうGO TO トラベル使ってたんですね。

なかなか有意義な感じで… 汗

感染拡大と人の移動はなかなか同居難しいと思います。
ウィズコロナなんて言わずに、はやくコロナ撃滅したいですね。

はやく世界が落ち着いてほしいですね!