僕は現在は、けっこうパソコン使うのが得意な方だと思います。

ただそれも、
元々パソコンが好きだったわけでなく、
業務上の状況で必要に迫られて徐々に覚えていった感じです。

20代前半の頃に、
ブラインドタッチができるようになったのが大きいと思います。

ブラインドタッチができるようになり、
キーボードタイピングのストレスが殆どなくなりました。

ファミコン ロッキー
うおおおお~~~
(キーボードでタイピングする方が、紙にペンで書くより楽です。)

ほんとタイピングの練習やっておいてよかったです。

これによってパソコンスキル、WEBサイト構築のスキル、
はたまたFXトレードを行う際の、学習する際にも相当プラスになってます。

これは20代前半のアルバイトの時に、
パソコンソフト「激打2」で練習したことによるものです。

激打2でタイピングを練習!!!

僕がやっていたタイピング練習ソフトは「激打2」
「北斗の拳 激打2 ~タイピング覇王~」が正式名称のようです。

激打2
「あたたたたたたたたたt-ー!!」的なやつで。

もう20年以上前にやりました…
懐かしい。


今でもけっこう立派な金額で売られているんだなぁ。
(初代・激打もあるけど、2の方がやりやすかったし簡単だった。)

これは当時のバイト先が待機時間がとても長くて、
その間に待機所に置いてあったパソコンでみんなが代わる代わる練習してたんですよね。

僕は末席キャラながらも、夜勤中に徐々に練習させてもらったもんです。

以下がその時にお世話になった現場ビル。
JR東日本本社ビル
(見る人が見れば、すぐ場所バレする高層ビルですが。ただ、もう25年くらい前の話なんで。)

僕が子供の頃夢だった
「東京の高層ビルで仕事する」という夢は、
22歳の頃に叶ったわけです。
(ビルの警備員アルバイトとして。)

なにはともあれ、当時の待機時間長いバイトは色々融通効いてよかったです。

タイピングスキルはとっても役にたった

この20代はじめにタイピング練習できたのは、その後の人生で随分役に立ちました。

僕自身は元々パソコンが得意な感じのキャラではなく、
むしろ機械的なことは詳しい人に任せたいタイプだったんですが。

タイピングが早くなったことで、パソコン操作のストレスがグッと減ったんですよね。
もはやペンで書くよりタイピングの方が楽。

なので、
自分の子供にもこういった操作は早めに上手になるべきと教えたいです。

今だとスマホのフリックになるのか??

トレードにおいてもブラインドタッチできた方が随分有利だと思います。

調べものやトレード学習もストレス全然違うので。

今だと、わざわざソフト買わなくても、
ネット上で無料で使えるタイピング練習ソフト(WEBサイト)もいろいろありますし。

北斗の拳 激打2は、
キーボードへの指の置き方から解説されてて丁寧でよかったですが!

ファミコンロッキー
みんなすごいタイピング早かったなぁ。
ビルの警備員なのに。

そう考えると、
タイミングで勤め仕事しながら、合間を見つけて何かを習得していました。

家電量販店でネット回線販売やってる時も、
合間にこっそりトレードしたりもしてましたし。
(もう時効ということで… 汗汗)

参照:家電量販店でのインターネット光回線販売員の話
(交通事故の治療しながらゆったりと仕事させてもらいました。)

まだまだ地道に頑張ります。

そんな感じです。