11月上旬には家族でGO TO Travelして木更津三日月に行きました。

で、個人的には更に頭をリフレッシュさせたい願望が強く、
某平日の深夜2時に思い立って翌日の温泉宿を予約し、
11月某平日にひっそりと中年単独男性でGO TO キャンペーンしてきました。

中年男性おひとり様による、今後の業務効率化を目指した合宿です。

行先は、熱海。

ひとまずダラダラゆっくりできればよいので、
いつも緩く利用する伊東園ホテルグループの「大野屋」を予約しました。
(前日深夜2時でもネット予約できるのが、ゆるくていいですね。)

本当は往復バスの送迎付きのところが気楽でコスパもよくよかったのですが、
今はコロナ禍もあって往復バスが運行休止中とのことで、急行電車の踊り子号で熱海にいきました。

で、某平日昼前に熱海駅着。

駅前では平日午前中から足湯が盛況でした。
atamiieyasuyu
参照:家康の湯(熱海駅前の足湯)

以下、ダラダラと中年男性おひとり様一泊旅行の記録を書いていきます。

早く着きすぎたんで、ただ歩く…

熱海駅から宿まで、徒歩30分くらいとのこと。
まぁ天気もいいし時間も早いで、トボトボ歩きました。
(熱海は以前も何度も来たことがあり、土地勘はありましたので)

商店街仲見世を歩いていると、謎の温泉祠みたいのも。
atami yu
手でお湯に触れるのがいいらしいです。
コロナ禍ですが…

お隣のお地蔵さんの笑顔が素敵です。
atami jizo
こんにちは。

温泉地名物の廃墟ビルは、熱海ではあんまり見かけず。
個人的にはこの手の時代の流れを感じる建物を見ることで、風情を感じて心が浄化されるのですが。

なんでも熱海はコロナ禍で不動産の人気が駄々上がりとのこと。
リモートワークする場所として人気なんですね。

いい感じのビルも発見。使われているようですが。
atami kindaitenpokikaku
近代店舗企画という看板もあり。渋いっすねぇ~

で、そろそろ11時も回って早い昼食を取ろうとめぼしいお店を探すも、どこもかしこも観光地飲食店風で気乗りせず。
僕は中年おひとり様男性なんですよ。

で、熱海サンビーチ沿いにあるジョナサンが昼食会場になります。
ジョナサン熱海
やっぱり観光地では現地の人が利用するようなお店がいいっしょ。ということでジョナサン。
サンビーチ沿いで立地は最高ですね。

ジョナサン日替わり
日替わり定食(600円くらい)をいただきました。
中年男性おひとり様なので、こんな感じで充分です…

熱海サンビーチを中年男性おひとり様でただ歩く…

まだまだ時間が早いので、ただボーっと歩きます。

熱海サンビーチ沿いでは、以前家族連れできたホテルミクラスもあります。
熱海ミクラス
ジョナサンは、このミクラス来た時から目を付けていたんです。(家族連れでは観光地食事になるので。)
風情を感じる中年男性おひとり様だからこそ、観光地でもファミレス、牛丼、チェーン店。

ビーチ沿いでは、ヤングカップルも愛をはぐくんでいます。
熱海サンビーチ カップル
ヒューヒューだよ。

以下、熱海名物「金色夜叉のお宮と貫一像」
金色夜叉像
カップルの別れの象徴なんですが…

サンビーチ沿いをあてどなく歩いていると、ローソン発見。
熱海サンビーチのローソン
天気よかったので、ローソンでコンビニ弁当買って海見ながらでもよかったかな。
その方がより風情を感じられるひとり飯に…

そう、この中年男性おひとり様旅は、観光でも保養でもなく。
合宿なのです。
風情を感じ、時代の流れを感じ、厳しい初心にかえって日常を生きていくための…

熱海の海
とかなんとか妄想しながら、ビーチをトボトボ歩いていました。

サンレモ遊覧船に中年男性おひとり様で

熱海にきたらこのサンレモ遊覧船に乗ろうと思っていました。
たとえ、中年男性おひとり様だとしても…

で、乗り場へ。
サンレモ遊覧船
参照:熱海遊覧船サンレモ
(乗船券1300円・子供650円、公式サイト等に100円割引券あります。)

サンレモ遊覧船 魚
遊覧船の地下に降りると、海底窓からお魚も見えます。

サンレモ遊覧船 2階デッキ
遊覧船の2階デッキは、風もいい感じで吹いてます。
ちなみに、かなり揺れます。怖いくらい。

カモメ
で、カモメが襲ってきます。
どうやら餌付けされているようで、この遊覧船の乗客がカモメに餌をやるのが定番みたいです。
(船内でかっぱえびせんの餌100円が売ってました。抜かりない。)

カモメの大群が
カモメの大群は、餌を求めて襲ってきます。
けっこう怖いです。

遊覧船の揺れも結構すごいし、カモメの恐怖もなかなか。

このサンレモ遊覧船、個人的にはかなりおすすめのアトラクションだと思います。
ホントです。

ホテル大野屋で

で、宿泊地の伊東園ホテルグループ「大野屋」に到着。
熱海駅から徒歩30分くらいの距離ですね。
(送迎バスも出てます。)

参照:伊東園ホテルグループ「熱海 大野屋」

超激安温泉宿グループは、とにかくコストダウンを頑張ってるのに頭が下がります。
風情を感じます。

熱海大野屋
伊東園ホテルグループや、おおるり系の激安温泉宿は、風情を感じられて僕は好きです。
家族連れだと好みがあってなかなか来れないですが。

大野屋は大きなホテル旅館で、スタッフの方も丁寧に感じました。
コロナ禍での営業は大変だと思います。

で、部屋へ。
大野屋の部屋
中年男性おひとり様の部屋です。
前日深夜2時に予約しても部屋がとれるのが平日のいいところですね。

部屋は古いけど、まぁ僕が過ごすには充分です。

窓に謎の枠があり、これまた牢獄に閉じ込められている感がハートを刺激してくれます。
大野屋の部屋窓

部屋はトイレが古いのと、
部屋付きの浴槽の掃除が行き届いてないのがちょっとアレですが、
激安温泉宿チェーンでコスパがすごいで、個人的には全然問題ないです。

むしろ、風情を感じるにはシリアスな現実も必要なので…

大野屋プール
プールもありました。11月で寒いのでアレですが。
お子様連れにはいいかもですね。

夕食バイキングで…

夕食は伊東園ホテルグループ定番のバイキング。
アルコールも飲み放題です。

ただ、利用時間が70分ということで慌ただしさもありましたが。

伊東園ホテルバイキング夕食
中年男性おひとり様の夕食セレクトは上記の感じです。
断酒は緊急事態宣言中につき、自粛中なんです。

刺身と天ぷら、お肉があるので個人的には充分です。

今月家族で訪れた千葉木更津の三日月でのバイキング夕食と比べても、そこまで見劣りせず。
(宿泊料金は倍から違いますが)

自分鍋
自分で具材を取ってのセルフ鍋もあり、ひっそりと火を眺めながら夕食バイキングをいただきました。
おひとり様での鍋は、キャンプファイヤー的でいいですね。

平日ということで、バイキング会場もすいてました。
今月家族で行った木更津三日月は、超満員だったので。(そっちは土日でしたが)
熱海大野屋夕食会場
少し寂れてるくらいの方が、中年男性おひとり様には風情を感じられていいです。

この宿泊は観光でも保養でもなく、合宿なので。

大野屋の温泉風呂は…

超巨大なローマ風呂(300人が同時に入れるそう)が名物らしいです。
ジブリの映画でも題材として取り上げられたそう。

実際にローマ風呂入ると、確かに大きい。
大阪新世界のスパワールドに近い印象。

あと、
露天風呂(少し狭め、道路近く解放感すごい。見られる感もマニア受けしそう)、
花のお風呂というのもあり、個人的には花のお風呂が適温でよかったです。

サウナと水風呂もそれぞれありましたが、
サウナはコロナの影響で使用中止になってました。
水風呂は入れたんでよかったです。

朝食バイキングを…

で、朝7時から朝食バイキングを。
以下のセレクトでした。
朝食バイキング
合宿っぽくていいですね。

朝のバイキング会場は、窓際だと外の様子が見えておひとり様にも優しい感じでした。
バイキング会場
やはり平日、すいててよいです。

熱海から電車で帰路へ

朝食いただいて、お風呂もさらに入って、ちょっと早めにチェックアウトしました。

中年男性おひとり様の朝は早いです。

熱海駅まで再びだらだら歩いて向かい、
特に何をするでもなく、ただただ歩いて駅に。

電車でゆっくり帰京しました。

熱海大野屋合宿の感想など

平日なんですいててよかったですね。

本当は往復バスがあるとより風情を感じられたのですが、
伊東園ホテルグループは今往復バスを(コロナの影響で)やってないんですよね。

おおるりグループはやってるんで聞いたところ、前日予約だとバス乗れないとのことで。
(おおるりグループの宿は、更にシリアスで超風情を感じられていいのですが)

それでアクセスのよい熱海に電車できたわけです。

中年男性おひとり様合宿なので、
本来はもっと寂れた風情を感じる場所がよかったのですが、
熱海でも平日でそれなりに空いてたんで、まぁよかったです。

ホテル大野屋も、激安温泉宿としてのコスパは充分で。
夕食バイキングは(これまでの伊東園系列の利用と比べても)かなり内容よかった気がします。

まぁ、僕は頭を休められればそれでいいのですが。

新型コロナウイルス感染症のコロナ禍になり、
日常的に頭を休める時間がない日々だったので、
中年男性おひとり様合宿をしたことで頭が軽くなりました。

そんな感じです。

今回の経費

今回の経費をざっとまとめます。

  • 交通費:5000円前後
  • 東京から熱海までの往復電車賃(行きは急行踊り子号利用)

  • 伊東園ホテル大野屋宿泊費:6400円程度
  • GO TO キャンペーンで3445円割引。(当日入湯税150円別)

  • 現地食事代ジョナサン:1200円程度(日替わり定食プラスドリンク2杯)
  • コンビニでドリンク:500円程度(部屋用など)
  • 子供にお土産:1100円(キーホルダー2個)

以上、合計13700円前後、という感じでした。
(ここにGO TO キャンペーンの地域商品券1000円分もいただきました。)

あと、
楽天トラベルを利用して大野屋を予約したので、
そちらの際にポイントを利用したので実際の支払は2200円でした。

激安ですね!

風情を感じさせていただき、ありがとうございました。

中年男性おひとり様合宿系の関連記事を…