とんでもない2020年になってしまってる。
新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延パンデミック。

今年になって中国武漢の状況を見ていれば、
それが国をまたいで感染していけばヤバいことになるとは想像できた。

たまたま僕はインターネットを開いている時間がとても長く、
FXトレードしてるわけなので)
海外の状況をチョイチョイ検索しては見ていた。

ウイルスの感染は、ヤバいことになるなぁ…
昔のアニメ映画AKIRAの中で「2020年東京オリンピック中止」とされてて、それも話題になった。

で、今2020年4月6日(月曜)深夜。
世界中がヤバいことになってるわけですが…

新型コロナウイルス対策(COVID-19)

参照:新型コロナウイルス感染の現状と現実的な対策法まとめ

COVID-19の悪夢が…

とにかく日本でも、続々と感染者が増加している。
日に日に増えている。

著名人も感染している。

志村けんさんは、亡くなられた…


日本の誰もが大好きな志村けん… こんなことで…

どんどんどんどん感染者は増えている。

参照:新型コロナウイルス 感染した要人・著名人

新型コロナウイルスは、死ぬ確率がある感染症だ。
人類滅亡の危機だと思う。


飲食店も大変だし、世界中が大変だ。

経済に大きな打撃があるのは当然だと思う。
人類の多くが死滅してしまっては元も子もない。

お笑い芸人森三中の黒沢かずこさんがコロナ陽性とのことで。
潔癖症で手洗いうがいも欠かさず、集団人混みにも行かないような人らしいですが…

以下、森三中大島美幸の夫「鈴木おさむ」さんのツイート。


ようは、全然なかなか検査がされないわけですね。
潔癖症で気を付けているような人でも新型コロナウイルス陽性となるわけで。

ということは…

現時点で発表されている感染者数の10倍以上は保菌者がいるんだろうなぁ、と想像します。
(検査できない理由もわからんでもないが、国からの説明は薄い
(また、入院するくらいの重症じゃないと検査してもらえないとのこと)

明確に新型コロナウイルス陽性と判定されないと、完全隔離生活をするのは不可能だと思います。
(せめて独身で在宅ワークなら可能性も若干ありますが…)

このままいくと、人類みな感染状態になっていくこと待ったなしです。

日本国政府の対応に疑問を感じまくる

3月31日くらいに、「東京が封鎖になる」というチェーンメールのようなものが届いた。

その時点で僕も含めた多くの人が
「東京は早く封鎖した方がいい」「ロックダウンすべきだ」と思ったと思う。

だからこそ、リアリティある情報だった。

でも、その後政府の対応は、「完全否定」だ。
菅東京封鎖

また記者団が「インターネット上では、『政府が来月1日に緊急事態宣言を出し、2日にロックダウン=都市封鎖を行う』という情報が拡散されているが事実か」と質問したのに対し、菅官房長官は「そうした事実はない。明確に否定する」と述べました。

いや、わかるよ。情報がデマだったかもしれない。

でも、そういう言い方で回答すると、
外出自粛をしている都民・国民はバカバカしくなってくる。

もっとシリアスな対応をしていくべきだと思う。

今後、政府が「緊急事態宣言」を出したり「都市封鎖(ロックダウン)」をした事態となれば、
「あの時やっときゃよかったのに… 」と国民は思い続けるだろう。

学校も3月からずっと休校となっている。
4月から順次再開というアナウンスが流れ、みんな本気にして準備していた。

だが、結局5月のGW明けまで休校延長となった。
ガックリだよね…

僕のまわりでも保護者たちの声がたくさん聞こえてきた。

人間を動かす一番の要素は「感情」だと思う。

新型コロナウイルスのパンデミックで、確かに今希望はなかなか見出しにくい状況だと思う。
でも、ガックリさせて闘う意欲も失わせるのは、失政でしかないよなぁ。

現状と先々を説明して鼓舞させるのが、リーダーの仕事ではなかろうか。

ヤバいことなってる国イギリスのジョンソン首相の演説は、感情を揺さぶるものがあった。


シリアスさが伝わってくる。
で、ジョンソン首相も新型コロナウイルスに感染していることがこの後発覚!!
そりゃシリアスになるよなぁ… (この時に本人も気づいてはいるだろうし)

アメリカではトランプ大統領の支持率が上昇してて、
クオモN.Y.州知事も人気が急上昇しているそう。

本当にヤバい時だからこそ、
日本の政府にもシリアスに真剣に本気で対応していただきたい。

国会であくびしてたり居眠りしている議員が出てる場合じゃないだろう。

以下、パンデミック対策班の西浦博教授のツイッター投稿。


キャプチャ画像こちらから

新型コロナウイルスが流行(パンデミック)しないと、
ロックダウンに準じた対策はできなかったとのこと。
(この西浦博教授は、とても素晴らしい情報発信をされていると思いました。)

危機管理を考えて、危機を脱却する為に作戦を立てて行動するのがリーダーの役目なはず。

今回の新型コロナウイルスのパンデミック状態は、
海外の状況見てたら明らかに日本も危ないのが明確にわかったはず。

日本は拡散スピードがアメリカなどに比べてゆっくりだったからこそ、時間はあった。

それでも国民が納得できる説明もなかったし、事態は徐々にどんどん悪くなっていってるわけです。

はぁ…

緊急事態宣言が… !?

で、ちょっと前に以下のニュースが…


まだ確定ではないけれども「緊急事態宣言を出す準備に入った」というニュース。

このタイミング、どうなの?

遅くなればなるほど感染被害は拡大しているわけで。
だったら4月1日の時点で緊急事態宣言だして、
都民・国民により深刻さをアピールすべきじゃなかったのか?

だって、深刻な事態なんだから。

これで明日の会見で「ギリギリで持ちこたえている」とかでてきたら、ズッコケるなぁ。

→2020年4月7日の夕方に緊急事態宣言が発令されました。4月8日正午より有効になるとのこと。
安倍首相が緊急事態宣言 7都府県対象 効力5月6日まで


4月6日の準備から2日かかって有効になる緊急事態宣言。随分のんびりした緊急事態だな。

緊急事態宣言の影響は?

もし緊急事態宣言がでても、外出自粛要請と変わらず強制力や罰則はないという。

フランスやイギリスのようなロックダウンは行われないとのこと。
法律上も日本はできないそう。

でも、海外も事情はそんなに変わらないんじゃないか。

緊急事態宣言だすと経済的な損失が5兆円以上とか算出されているらしい。
人類滅亡の危機なのに、経済的な損失と秤にかけるわけだ。

参照:緊急事態宣言が出たら東京は?軽症・無症状なら自宅やホテルで?

「緊急事態宣言」
都市封鎖なし(ロックダウンなし)
生活に必要な買い物OK
通勤のための外出OK
外出OK(強制力なし)

なんか今までと変わらない気が・・・

こんな意見も。

ふぅ…

我々個人がやっていくこと

ロイターのツイッターで、トランプ大統領の演説がでてた。


「トランプ大統領は、今後数日でコロナウイルスによる「多くの死」が起こると述べた」とのこと。
まぁ実際そうなんだろう。

僕もSNSで昔関わった方々が感染したのを知った。(いわゆる集団感染)
その方に知人が直接きいたところ、「死にかけた人もいる。感染したら終わり」とのこと。
50代くらいの方々です。

今でも居酒屋やってるところもあるし、宴会も行われているようだ。
キャバクラの呼び込みもお仕事されている。
それはそれでしょうがない部分もわかる。
みんな不安な中、しょうがなく仕事を続けてるわけだろうし。
(僕のトレード部屋的な事務所が呑み屋街あたりにあるので目にします)

生き延びていく為に、外出を控えて自分の身を守っていこう。
それしかないなぁ。

参照:新型コロナウイルス・パンデミックのFXトレーダーへの影響
(2020年4月19日にFXトレーダーとしての日記ブログ書きました。)

更に拡大していってますが…

2020年4月16日に、緊急事態宣言が日本全国に拡大とされました。
(4月7日の発令は、7都府県のみでした)

東京でも新型コロナウイルスの感染者が増えていっています。

今だにPCR検査はなかなか病院でもしてもらえないみたいですし、
そもそも普通の近所の内科医院も咳の症状あったりすると診察してもらえなくなりました。

僕の知人でも、感染者出てきてます。



この知り合い(56歳独身男性)は、かなりのレアなパターンだとは思いますが…
(その後、症状は回復したとのことです!)

なかなか政府の対応も遅々として進んでおらず、
みんなそれぞれの意見をツイッターとかSNSであげまくってますね。

台湾では感染の封じ込めが成功しつつあるようです。

こういう良いニュースもあるので、是非日本も世界も後に続いてほしいですね!

あれから4カ月たった今も…

2020年8月20日に追記しています。
この記事を初稿してから4ヶ月が経過。

思えば新型コロナウイルスの感染が拡大しだした3月くらいから5ヶ月。
全然終息の目途が立ってないのが現状です。

日本も経済を回すことに重点をおいて、外出自粛をゆるめて感染者数は拡大中。
経済がまわらずにそれで貧困多発になってもヤバいので、難しいところですが。

むしろ、徐々に自粛疲れで新型コロナウイルス感染症に対してゆるくなっている状況。

世界的にもガンガン感染者数拡大し続けてて、死者も増えてる状況。
けども、3月から4月あたりの世紀末的な雰囲気は若干やわらいでる印象もあるかな!?

日本も重症患者数は比率的にそれほどでもないということで、印象が緩和してきている。

対応に正解が見えないのが難しい。

猛暑
2020年は超長梅雨で8月にようやく梅雨あけ。
そして8月に入ったらいきなりの酷暑で最高気温40度超えの地域が頻発。

熱中症での死者が新型コロナウイルス感染症での死者数より多いともされています。

とりま、なんとか乗り切って前のような日常を取り戻したいところですね。