4月もGWもコロナ禍による自粛で気がついたら6月ですね。

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言も5月末に一旦解除され、
企業や店舗の経済活動も通常モードに戻りつつあり、
我が家も6月1日から子供たちは学校再開。

ようやくの日常に戻りつつありますが…
(学校は半日授業給食無しなので、残りの子守り対応は僕ですが)

このまま日常に徐々に戻ってくれればいいのですが…

しかし…

tokyoaleart
再びの新型コロナウイルス感染者数の増大で、東京は「東京アラート」が発動!
東京都庁が朱く染まりました…

東京アラートの発動で、また自粛要請強化か?とみんな思ってるはずです…

参照:新型コロナウイルス感染の現状と現実的な対策法まとめ

一体いつまで続くんだろう… ってなっちゃいますよね。

一旦緊急事態宣言解除されて解放感あったと思うのに、
またか… ってなると、みんな怒るし失望が大きいはず。

解放感を感じちゃいけなくて、引き続き自粛しろ(経済活動は少しずつして)みたいな話だったとしたら、
もっと慎重なやり方、伝え方があったはず。
って思ってしまいますよねぇ。

東京アラートって…

僕は東京都内在住なので、「東京アラート」はモロです。

以下、僕が住んでる都内某区の連絡事項でメールきました。
東京アラート
以下、その内容テキストです。

【安全・安心情報】

6月2日、東京都は、新型コロナウイルス感染拡大の警戒を呼びかけるため「東京アラート」を発動しました。
これを受け、区民の皆様には、以下のとおりお願いします。

①不要不急の外出は控えてください。
②夜の繁華街など3密(密閉、密集、密接)の危険がある場所には十分注意してください。
③手洗いの徹底、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保など、「新しい日常」を実践してください。

感染拡大防止のため、区民の皆様一人ひとりのご協力をお願いします。

このシステムは返信メールを受け付けておりません。
〇〇区危機管理課[6/3 16:30配信]

わ、わかりました…

「まぁ、引き続き自粛シクヨロ!」的な感じでしょうか。
東京アラート発動に関する具体的な何かは特にないようです。
(注意喚起をたくさんしてね、ということだと予想します。)

そして、レインボーブリッジも朱く染まったとのことで…
tokyoaleartreinbow
これが東京アラートじゃぁああああぁああぁあ~~~!

でもまぁ現時点でみんな十二分に自粛もしてきたし、精神的にも現実的にも辛いところなはず。

そんな状況の中で「東京アラート」とか「ウィズコロナ」とか言われても、
「じゃあなんで緊急事態宣言解除したんだ?しかも前倒しで…」って気分的になりますよねぇ。

常にリスクは自分達自身に降りかかってくるわけで…

そもそも、2月3月のあたりでしっかりと水際対策してればこんなことにはならなかったはず。

中国のヤバい状況をネット上で告発する媒体もけっこうありましたし、
FXをやってる関係上、海外ニュースよく見る僕は2月後半くらいから本能的な危機感を感じてました。

そんな中での4月1日に東京ロックダウンの可能性を明確に否定したり、
(チェーンメールが出回ったんですよね。)
でもその1週間もたたないうちに緊急事態宣言だしたり、
(おいおい、だったら4月1日にやっとけよ!って誰もが突っ込んだはず。早い方が被害少ないのに…)

で、たくさんの企業やお店が経営危機に瀕していって、ようやくの補填・給付金対応に…

と思ったら、今度は大盤振る舞いしまくってて国の予算、大丈夫か?
(と個人的には心配。)

対応が後手後手過ぎて、悪くなってから火消しに向かう、みたいな。

これじゃ莫大な借金を抱えてしまってから、金利だけなんとか払う負債者と同じ状況。

人って、気持ちが一番重要な要素だと思うんですね。
そこをずっとカバーできないまま、逆撫でちゃう対応になってる現実がツライところ。

スエーデンコロナ
今見たニュースですが、スウェーデンでも「対策不充分だった」と認めて謝罪するような空気感を感じます…

失敗を認め、反省して次に向かう。
だからこそ、まわりも応援できるし託せる気持ちになるわけで。

台湾とかうまく新型コロナウイルス感染拡大を抑えてるみたいで。

日本は感染による重症化・重篤化が(欧米と比べて圧倒的に)少ないのに、
この状況をなんとか更に好転させないと、そのうち致死率高い感染になったら目も当てられないです。

「説明不足」

説明できない理由があるんじゃないか?と思っちゃいますよね。

  • マスク配ったら謎の会社が間に入ってて、しかも遅配。そして謎の予算感…
  • 持続化給付金配ったら、謎の会社が間に入ってて、しかも謎の予算感…
  • などなど…

東京都知事選挙もあるけど、こんな時期に爆弾投下!

「女帝 小池百合子 」(日本語) 単行本 石井妙子著 – 2020/5/29発売

今かよ!! って衝撃でした。
(僕もまだ読んでないですが、あらすじ内容みただけで飛びました… )

まぁ、個人的には豊洲と築地問題では、
再燃させて移転延期させたことによる莫大な経費ロスと業者への迷惑問題の責任は、誰がどう取ってるんだ?というのは思いますが…

とにもかくにも、目の前の現実をうまく対応して解決してほしいもんです。
未曽有の人類の危機だと思いますので。

みんなそれぞれ大変な状況だと思います。

例えば…
子供を抱え、
介護を抱え、
頼りない旦那をかかえ??

不安とストレスとプレッシャーで、全員大変状態。

そりゃみんな納得できないことがあれば怒りますし、
共通の敵としてその納得できないことに対して行動するでしょう。
それくらいの危機なので。

これまで普段あまり関心持たなかった政治にも関心深くなるでしょうし、言いたいこともでてきます。

新型コロナウイルス感染症によるパンデミックでリスクを背負ってるのは、
個人個人全員なので全員怒れるはずです。

みんなリスク背負ってるので、怒ってます。

感染による体調リスク、
他人に移してしまうリスク、
経済的リスク、
などなど…

かなり不安が深い状況が続いてます。

そんなことを理解したうえで、「東京アラート」とか「ウィズコロナ」とか考えてほしいもんですね。

すでにたくさんの人が亡くなっている新型コロナウイルスで、
「ウィズコロナ」かよ~~~

と、思いました。

個人的には…

僕個人としては、特定の政治団体を応援したりはしてないです。

政治家個人のゴシップも気にしないです。
大事なのは目の前の状況を好転できるように行動する「良識」と「スキル」だと思ってます。

僕もでき得ることを頑張ってしていきたいと思います。

そんな感じです。