2021年9月某平日に、不要不急の中年おひとり様合宿を草津温泉にしてきました。
2泊3日で。

草津は自宅近くのバス停から高速バス一本でいけるアクセスの良さがあり、
また、「重監房資料館」を見学したいと思ったこともありの選択です。

で、
宿はいつも通りの伊東園ホテルズ系列の草津の宿に泊まりました。
合宿なんで。

itoenkusatsu 伊東園ホテルズ 草津
酒飲み放題付きの激安温泉宿チェーン伊東園ホテルズ系列は、
中年おひとり様合宿には最適な施設と個人的に。
(家族への後ろめたさも大いに軽減されます。)

伊東園ホテル草津


草津温泉は人気なんですが、
なんせ東京からだと他の温泉地よりも遠方であることは確か。
(山の上なんで伊香保温泉とかよりもだいぶ時間かかる)

なのでなかなか中年おひとり様だと機会に恵まれなかったですが、
重監房資料館のことを発見してタイミングを感じたわけです。

で、向かったと。

高速バスが便利

僕が住んでいる東京都某所から草津温泉までは、
「上州湯めぐり号」という高速バスが直通で出てて便利です。

しかも、自宅から徒歩で10分以内のところにちょうどバス停があるという。
(電車に乗らずにバス停までさらっといけます。)

で、往復はその高速バス「上州湯めぐり号」(バス関東)を利用。

ちなみにバスにはトイレも常備されており、
USB電源口もありスマートフォンの充電も可能。
更にはWifiも飛んでてるという充実ぶり。

ひと昔だと考えられないですね。
(その昔、高速バスでトイレ行きたくなって苦しんだ記憶が多々あり。)

練馬インターから関越自動車道乗って、上里パーキングエリアで休憩です。
kusatsubus 上州湯めぐり号 高速バス
上記の奥のド派手な紫色のバスが上州湯めぐり号。「草津温泉」とでかでかと書いてあります。

kancoffee ucc 缶コーヒー
高速道路のパーキングでは缶コーシー(UCC)を調達。

そういえば、
だいぶ前に高速パーキングで釜めし食べたんですが、
この日見たら金額が1000円越えしててびっくり。
値上げしたんですかね??
もっと安かった気が… (気のせいの可能性もあり)
謎です。
まぁいいけども。

高速バスは伊香保温泉経由で3時間半程度で草津温泉バスターミナルに到着。
kusatsubuster 草津バスターミナル
草津温泉バスターミナルは、湯畑から徒歩7分くらいの場所。

草津温泉は、高速の渋川インター降りてからが遠いんですよね。
伊香保だったら高速降りて比較的すぐだけども、
そこから1時間半下道を走るんで。山道を…

伊東園ホテル草津での滞在は…

草津温泉バスターミナルから、伊東園ホテル草津の送迎バスも1時間に1本でてます。

早速その送迎バス乗って宿へ。
バスターミナルから10分弱で伊東園ホテル草津へ到着。

itoenhotelkusatsu 伊東園ホテル草津
山の中にある感じで、自然に囲まれてます。
ここは元かんぽの宿だったそう。

館内はシンプルでコンパクトな印象で、比較的きれいでした。

13時半くらいに到着してチェックしたんですが、すぐに部屋の鍵もいただきいい感じ。

以下、今回の和室10畳です。
washitsu 和室
きれいな感じです。掃除もきちんとされてる感じで。

部屋の窓からの景色は以下の感じで。
madokarakeshiki 窓からの景色
自然って感じですね。
夜は当然真っ暗だったので、カーテン閉めてました。

以下、洗面所です。
senmenjo 洗面所
この奥にあるトイレも古い感じはありながらもきれいでした。

以下、今回の案内です。(画像クリックで拡大)
伊東園ホテル草津 館内案内

食事は夕食・朝食ともにバイキングで。
食事券
夕食70分、朝食50分の時間制限あり入れ替え2部制でした。

チェックインして荷物を部屋に置いたら、
早速再び送迎バスに乗せてもらって、今回の目的のひとつ「重監房資料館」見学に向かいました。
(送迎バスを降りてからは、30分くらい歩いていきました。ヘビィでしたが。)

滞在初日の夕食と朝食

「重監房資料館」見学から戻り、お風呂入ってダラダラした後に、夕食です。

以下が僕の初回のセレクトです。
夕食バイキング

更に以下も。
夕食バイキング
ここら辺を平らげた後、ドリンクお代わりをガンガンいきつつ、適当につまんだ感じです。
画像にのってないところだと、茶碗蒸しがありましたね。

正直… 色んなものが冷めてて微妙な部分がありました。
マイタケの天ぷらも、ちょっとアレ気味で…

おそらくスタッフの方も激少なく大変な中で手がまわってないかな?と思いました。

食事時間の短さ(70分制限)もあって、慌ただしい初日の夕食となりました。

まぁ、アルコールはガンガンいきましたが!

で、
夕食後にちょっとうとうとしたらそのまま朝方まで寝ちゃって、4時前に目が覚めてそのまま。
5時から朝風呂して、時間たってようやく朝食に。

以下が僕の初回のセレクト…
朝食バイキング
卵焼き、カレーコロッケ、厚揚げ、と、前夜の夕食より好みに近い。

いつも通りの伊東園ホテルズグループの食事ですが、宿によって感じ方がかわるもんですね。

朝食後、また送迎バスにお世話になって湯畑・西の河原公園あたりに観光に出かけました。

滞在二日目の夕食と朝食

湯畑・西の河原公園あたりの観光から昼過ぎに戻って、
あまりに朝早く起きたもんだから(4時前に目覚めた)昼寝しました。

で、起きて2回目の夕食です。

以下が僕のセレクト夕食2です。
夕食バイキング2日目
初日のセレクトミスを学んだんで、無難でした。
(もつ煮とか熱々じゃないとアレなものとか生ものはできるだけアレして)

以下は引きで。
夕食バイキング
生ビアを継ぐときに、ビアグラスだと泡が溢れるんですね。
なのでサワージョッキだと大きめで泡が溢れにくいのに気づきました。

2日目もなんだかんだでガンガン吞みまくりました。

で、部屋かえって更にガンガン部屋のみしてから寝ました。

以下は翌日の朝食バイキングのセレクト。
朝食バイキング
2回目なんで、選択も迷わないですね。

以下、バイキング会場レストランの感じです。
restrant バイキング会場レストラン
レストランもコンパクトめな印象ですね。
宿泊客数はそこまででもないですが、けっこう座席も埋まってました。

バイキングのメニューはだいぶ少な目な印象で。
かつて訪れた熱海の大野屋が良かったんで、比べちゃうとアレですね。

ただだいぶご時世的にも経営も大変だと思いますし。
激安宿泊費なんで、しょうがないですね。僕は呑めればOKですし。

早く世の中が通常通りに戻ってほしいもんです。

大浴場は…

伊東園ホテル草津の大浴場は、源泉かけ流しの草津温泉の万代鉱源泉からで。

酸性湯なんで目に入ると痛いです。

以下は大浴場の感じです。
大浴場
(伊東園ホテル草津 公式サイトより引用)

お風呂場は結構混んでました。
(平日の他の伊東園ホテルチェーン宿に比べて)

草津温泉自体が人気なんだろうと思います。

大浴場もそんなには広くなく、数人は言っててちょうどいいくらい。
露天風呂も狭めで3人入ったら満杯くらい。

ただまぁ、草津温泉の湯なんで濃厚でしたし充分でしたが。

(サウナと水風呂はコロナ禍の影響で休止されてました。悲哀)

今回の経費

というわけで、今回の中年おひとり様合宿の全経費は以下です。

  • 2泊の宿泊料:17130円
  • 往復の高速バス:3330円+3610円=合計6940円
  • コンビニでお茶(ほうじ茶):129円
  • お土産マスコットおもちゃ:660円
  • 西の河原露天風呂入浴料:600円
  • コンビニで酒と乾きもの:1436円

総合計:26895円でした。

目的の重監房資料館も見学できたし、湯畑・西の河原公園もおひとり様観光できました。
(草津温泉自体は何度も来てましたが)

帰りのバスターミナルで、天狗山テラスの看板を発見。

家族で来るなら、こっちやな。

草津温泉街をまわる巡回バスもあったんですね。歩き回ったんですが…
草津巡回バス
目的地に近いところ走ってれば、巡回バスもいいかもですね。

そして、
帰りの高速バスも3時間半強かけて帰りました。

そんな感じですね。