ビットコイン円価格の下落メドはどこまで落ちる?リップル暴落もちょろっと解説
(2018年1月17日相場分析・フィボナッチ使ったメドを解説してます)

いや~、ここのところビットコインの価格がメチャ下がっています。

昨日くらいからドーンと下がってて、
僕は通常のFXトレード(外国為替の方)やりながらも、
ビットコイン価格の方が気になってました。

僕もビットコインの現物を持っていますので、そっちはドーンと落ちてるわけですね。

また、
仮想通貨の基軸通貨となるビットコインが暴落してることで、
それ以外のアルトコイン(オルトコイン)もつられて暴落。

仮想通貨市場全体がドーンと落ちてるわけですね。

仮想通貨関連全面安となって、
多くの仮想通貨投資家達の鳴き声が、聞こえてくるようです…

あしたのジョー最終話
巨額の含み益を持つ億り人達が、一挙に総資産額を減らした期間となっています。

しかし、
まだ燃え尽きるのは、はやい!(そりゃそうか)

アルトコイン現物買いICOで何億も含み益を持ってる知人もいますが、
2018年1月になったくらいから数億円分含み益を飛ばしてるそう。

それでもまだまだ仮想通貨の更なる暴騰を信じてガチホ!

いやはや、信じる者は救われる。信じることから奇跡ははじまる。

ただ、
ボラティリティの大きい仮想通貨投資は、
余剰資金のみでの投資がおすすめです。

ビットコイン日足
上記はビットコイン円の日足チャートです。
怒涛の下げが入っています。

一旦の上昇調整のダウントレンドとなるか、
それともビットコインが暴騰していく価値が難しくなるレンジになるか、
様々な要因によって更なる価格下降になっていくか…

なんせこれまでの過去データがない種類のチャートなので、
今後の大局の動きはそれぞれが信じる中に存在する、としか言えないでしょう。

ツイッターは億り人達が…

いやー、ホント仮想通貨投資は稼ぐ額も凄いですが、
損失出る額もハンパないのがリアルにわかります。

ちょいちょい利益確定しながらやるのが固いんですが、
現状の仮想通貨投資に係る税率が高いこともあり、
ガチホで待つか、チョイチョイ利益確定していくかの選択は、難しい所。

仮想通貨投資でたくさんの億り人が出て、
ツイッターで発言してワイワイしてるのがわかるんですが、
いや、本当にたくさんの方が仮想通貨長者になっておられます。

以下はご高名な与沢翼氏のツイッターツイート。
リップル与沢翼
秒速で12億を利確されているのは、もう本当にゴイスーですね。

与沢翼氏はネットビジネス業界で有名だった方ですが、
それ以外でも多数の方がツイッターで仮想通貨で稼いでワッショイ的なツイートをしておられます。

実際にガンガン億り人がでてることは、僕も知ってます。

cisツイッター
有名な個人トレーダーのcis氏も仮想通貨投資でガンガンな感じみたいで。凄いです。

なんですが…

これまでのビットコイン等の主な仮想通貨のチャート状況は一方的な上昇トレンド。
いわゆる持ってりゃ上がった感じの状況でした。

今回のビットコイン等の暴落によるダウントレンドが、
ようやくアップトレンド以外の形成をし出した兆候と言えるような。

上昇高騰があれば、暴落下降もある。

その後、きちんと資金管理して生き残った投資家こそが真の億り人。

バブル崩壊やライブドアショック等でもたくさんの涙が流れてきました。

仮想通貨投資でも、それを忘れずにしっかりとリスクヘッジを。

僕もFX初期にみんなでチャットしてた

ツイッターで仮想通貨投資関連の情報みていると、
未知のものである仮想通貨投資という道なき道を進むわけなので、
やはりみんな情報を共有したかったりするんだなぁ、と改めて。

情報ないと怖いですもんね。

僕もFXをはじめた初期の頃に、
SNS「mixi」で知り合ったトレーダーの方々とヤフーチャットしながらトレードしてました。

今思えば、みんなそんなにテクニカルも知らなければ、
相場分析もそんなにできない初心者から中級入口くらいのスキルだったと思います。

そんなメンバーで「上だ!」「売りだ!」なんてやってるので、
ある程度はトレードする安心感にはなりましたが、
安定したトレードとは、なかなかうまくいかないもんでした。

やっぱり自分の性格と生活スタイルに合わせて、
淡々とチャート見て淡々と自分の実践しているロジック通り、
ルール通りにトレードしていくのが安定しやすいと今は思ってます。

ブレないですしね。

稼いだ自慢も、そりゃそれでいいじゃない

後ツイッターでは、「稼いだ」「儲かった」自慢もやっぱり承認欲求から。
なんだかんだでみんな稼いだ自慢したいですもんね。

僕は別に自慢したかったらそれはそれでいいんじゃないかと。

ツイッターで稼いだ自慢することで、気持ちがスッキリするならいいんではないでしょうか。

ただ、暴落して損失出した時に落ち込んだりもするので、
その落差を経験すると、なかなかアレになっちゃうもんですね。

僕も何度も何度も何度も、その落差を経験してきました…(涙)

僕は今後も、淡々とやっていきますよ。

傷付き打ちのめされても

投資とかデイトレードとかって、常に傷付き打ちのめされるものだと思ってます。

本当にメンタルにくる。
つらい。

なので、できるだけメンタル負担の少ないトレードスタイルでやっていくのがいいと思ってます。

仮想通貨投資は、ボラティリティが大きいのでメンタル負担はでかいですよね。

トレンドの判断が明確にやりやすいので、
テクニカルトレーダーは有利だと思いますが。

傷付き打ちのめされても、這い上がる力を持つことがトレーダーには必要。

僕もそう思って頑張ります。

仮想通貨投資は、余剰資金の中でやりながら億り人を目指します(笑)

あしたのジョー2
メンタルきついときは、あしたのジョー2(劇場版)のオープニングテーマがおすすめ。
立ち上がる力が、なんとなく沸いてくる可能性があるかもしれないと感じます。

その後の仮想通貨価格は、大暴落していきましたが…

こちらのブログ記事、初稿は2018年1月なんです。

そして今、2019年4月24日に追記していますが…

その後、ビットコインはじめとした仮想通貨全般がドーンと大暴落しました。
2018年中は、見事に仮想通貨暴落年となったわけです…

以下はビットコイン円の週足チャートです。(画像クリックで拡大できます。)
ビットコイン円チャート週足
上記チャートは、2019年4月24日現在のものですが、2018年は見事に下落しっぱなしなのがわかります。

2018年は仮想通貨投資ユーザーには、かなり厳しい一年だったわけですね。
ショーターには関係ないかもしれないですが。

2017年の仮想通貨市場総額バブルで浮かれまくってた億り人達も、
決済及び利食いのタイミングを逃してだいぶ利を削られたり、
マイナスに転じたという状況になってました。

なんか、バブル崩壊の時に似てますね… 汗汗汗

やっぱり、固く利食いを繰り返すのが無難かもしれないですね。
(個人的な意見です。)

で、2019年4月24日現在の仮想通貨価格は、
ビットコインがようやく小ぶりながら先月末くらいからあげだしてるので、
このまま再びアップトレンドとなるか、それともまた跳ね返されて下落するか…

仮想通貨市場はまだまだ予断を許さない相場状況ですが、
ピンチはチャンスと捉えて引き続きひっそりと注目していきますね。

仮想通貨投資は無理ない感じでほどほどに、っていう感じで取り組んでいきます。